忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

3-4 ~ 8

… 3-4 おだんご / bun of rice cake


シェムリアップ州の州都シェムリアッブ。
とは言え、中心以外はド田舎だ。
そのド田舎の小学校が今日の俺たちの活動場所。

Siem Reap, the State Capital of Siem Reap State.
However, it is the deep countryside except for the center.
An elementary school in the deep countryside is activity location of us.


砂利道を牛車に乗って進んで行く。
のどかやなあ…と思ってたら、これはツアーコンダクター山田さんのサービスだった。
荷物を運ぶ牛車と時々すれ違うけど、人は運んでいない。
すれ違う人たち笑ってるし、嬉しいかどうか、微妙ですな。

We go a gravel road in the ox cart.
I thought that there was idyllic, but this was the service of tour conductor Yamada.
We often pass oxcart carring luggage, but they do not carry people. People we pass by is laughing.
It is subtle that whether we are happy or not.


四つ辻で牛・人ともに休憩に入る。
結構揺れるので、乗ってる方も疲れるのだ。
砂利道ながらここは交通の要所のようで、結構人が集まっている。
そんな中、リヤカーの屋台の行列が目に止まった。

The cattle and we take a break together around a crossroads.
Because of shaking much, we who ride on him are also tired.
The road is a gravel road, but here is maybe the key point of traffic, so there are many people.
I focused on the people line of stalls carts.


初めは、かき氷屋さんかと思った。
かき氷削ってるから。
近付いてみて、おだんご屋さんだと分かった。
日本じゃ決して並ばへん男やけど、もちろん並んだ。
だって、かき氷を使うおだんごやで!
ワクワクするぜ!。

I thought that it was shaved ice shop at first, because he was shaved shaved ice.
I found it was a bun shop when I closed to it.
I lined of course, though I am a man who never line in Japan.
Because it's the bun of rice cake and shaved ice!
I'm excited!


自分の番が近づき、おだんごの正体もだんだん見えてくる。
かき氷に黄色い粉をまぶして、お餅で包む。
何やろ、粉の正体は?
「アオくん!あかんよ!氷は!」と、ナツミちゃんがやって来た。
「あたし最初の年、ジュースの氷でお腹壊して大変やってん
よ!」

My turn approaches, and then I am understanding detail of bun of rice cake.
He mixes yellow powder in shaved ice and wrap it by rice cake.
What is the yellow powder?
"Ao! Never eat ice!"
Said Natsumi coming up.
"In the first year, I had stomach ache because I drank juice with ice!"


… 3-5 ナツミ / Natum


「正直、今日の仕事は現場入りまで不安やったよ。」
夕食を兼ねた、夜の反省会。
俺、トップバッター。

"Actually, I was worried about today's mission until I came there."
I am top batter at evaluation meeting which include dinner.


「この国に笑顔はないて思ってた。
  作り笑いの子供たちに、どう接したらええんやろ、て。」

"I had never thought there is smile in this country.
  I said to myself. How should I connect to children who make smile forcibly?"


ナツミちゃんが口を尖らす。
「だから言うたやん。あたしは子供たちの笑顔を見に毎年自費で来てるんや、て。」
「うん。そうやな。ごめんな。」

Natsumi was sharpened her mouth.
"In fact, I said. I come here every year by my own expense to see their smile."
"Yeah. Now I understand. Sorry."


「乾電池工作教室と、そと遊びと、どっちが楽しかった?」
と、リーダーのハルさん。
「もちろん、そと遊び!」
と、割り込むナツミちゃん。
「君はずっと低学年の子らとそと遊びやったな。
  俺は教室かなあ。
  あと、午後の施設見学も勉強になりました。」

"Which did you enjoy battery engineering class and outdoor play?"
said Captain Hal.
"Of course, outdoor play!"
Natumi interrupts.
"You were playing with younger grade children at all time.
  For me, class, maybe.
  By the way, facility tour in the afternoon is very good for me."


本当、びっくりした。
自然な笑顔の子供たち。
貧しくても、道脇に地雷が埋まってても、人は幸せになれる。

I was really surprised.
Children have natural smile.
Even if they are poor and land mines are buried on the road side, human can be happy.


見学した施設は、初老の日本人が設立し運営するものだった。
戦争孤児を育て、教育や訓練を施し、就職の世話をする。
小さい子から青年まで、陽気で穏やかだった。
バレーボールにまぜてもらった。
人は幸せになれる。

The facility is started and operated by a little old Japanese.
They raise war orphans, give training and education, and take care of the job.
There are young people and small children, and they are cheerful and gently.
We enjoyed volleyball together.
human can be happy.


「ねえ、今日も夜の散歩に行くの?」
ホテルのロビーで解散したところ、ナツミちゃんに呼び止められ、ドキッ。
「知ってたの?」
「アオくんて、氷のお菓子食べたり、夜に独りで出歩いたり、困った人。」
ハルさんに言い付けるってか?
止めても無駄だぜ。

"Hey! Are you going to go a night walking also today?"
Just after dissolution in the lobby of the hotel, Natumi made me stop and be surprised.
"Did you know?"
"You are bad guy that you eat ice , etc.."
Will she talk to Haru?
Nobody can stop me.


「心配やし、あたしも着いてく!」

"I will go with you because I'm worried!"


…3-6 融合 / Fusion


はっきり言って、彼女は魅力的だ。
しかし、今夜は無理だ。
かなりディープな所まで行きたい。
「そんな訳で明日にしてくれ。
  ばっちり案内するし。」

To be honest, she is attractive.
But tonight isn't good.
Because I want to go to very deep place.
"So, let's go tomorrow.
I will guide you perfectly."


「何言ってるの。
  心配やから着いてく言うてるのに、それじゃ話が逆やん!」
「無茶せえへんし、頼むわ。
カンボジア最後の夜にふさわしい場所、チェックしておく。」
「…それ…素敵…あ、いや、その…。
  ま、今日は堪忍したるわ。」
ん?ひょっとして俺モテてる?
いやいや、太田青生35才独身彼女なし、調子に乗るな!

"Are you kidding?
  I said I was worried, but your proposal is opposite!"
"I will never do bad act.
  Please leave me alone tonight.
  I will check good place for last night in Cambodia."
"It's…romantic…No, I said nothing.
  I allow you today."
Oh? Maybe she loves me?
No, Aoi OOTA 35 years old single without steady, you must not be too much proud.


そんな訳で、ひとり、町の中心部に立つ。
カンボジアらしい趣を探したけど、見つからない。
仕方がない。
カンボジアとは無縁だけど、ジャズ演奏が漏れ聞こえるバーへ入る。

That's why I stand at center of the city.
I searched flavor of Cambodia, but I couldn't get it.
I have no choice.
I go to a Jazz live house though it's unrelated to Cambodia.


扉を開けた瞬間の気分は一言で言えば、「がっかり」だ。
でも、一歩足を踏み入れ、耳を開き、目をステージに向けた時、それは喜びと興奮に変わった。

In a nutshell, my mood just before I open the door is "disappointed".
But, when I opened my ears and eyes toward the stage, it turned into excitement and pleasure.


異文化の融合が、そこにあった。

The fusion of different cultures was there.


…3-7 夜のデート / Night Date


全てのミッションを終えた。
最後の反省会で、食事も酒も控えめに済ました俺とナツミは、約束通り夜の町へ向かった。

We finished all mission.
Natsumi and I didn't get too much meal and alcohol in the last evaluation meeting, and then we went toward the night town as promised.


「ねえ、町まで歩くの?」
「中心部までは行かへん。途中にええ店あるねん。」
一瞬、昨夜のジャズライブハウスを思い出した。
もう一回ナツミちゃんと行くのもいいなあ。
「中心部に行きたい?」

"Will we walk to the town?"
"We won't go to the center. A good small restaurant is along the street."
At that time, I remembered Jazz live house last night.
How happy if we would go there together.
"Do you wanna go to the center?"


昨夜。
文化の融合。
クメール人(カンボジア人)女性ボーカルはジャズのビートを完璧に表現した。英語ネイティブ以外では初めて見た。
中国系のベーシストは5弦ベースを完璧に操っていた。
白人のキーボードとドラマーは凄いグルーヴとソロ。おまけにドラマーはタイの木笛でタイ伝統音楽を聴かせてくれた。

Yesterday night.
Fusion of cultures.
The Khmer female vocalist was expressing beat of jazz perfectly. It's my first time to see it with the exception of English native.
The Chinese Bassist was playing the 5-string bass perfectly.
The White keyboard player and drummer were making great groove and solo. In addition, the drummer played the traditional music of Thailand by a Thai whistle of wood or bamboo.


ここシェムリアップの語源は「タイをやっつけたぜ!」なんだけど。
今は昔。
文化の融合。

Etymology of here Siem Reap is "We broke Thai!".
Let bygones be bygones.
It's fusion of cultures.


「歩くの?」
「えーと・・・」
バイクタクシーのことを考えた。
昨夜・・

"By foot?"
"Hmm.."
I thought about motorcycle taxi.
Yesterday night...


小汚ないオッサン、小汚ないバイク、途中でガス欠。
いかにもギリギリの生活感・経営状況がありあり。
「問題ないよ!ガススタはすぐそこだ!」
とかなんとか必死のオッサンに、
「俺達が送ろうか?わはは!」
「うるせえ!」
多分そんな感じだろな。ギャラリーとの応酬が愉快だった。

Dirty man and motorcycle, running out of gasoline on the way.
"No Problem! Gasoline stand is there!"
He was panic.
Gallery said in Khmer. Maybe,
"Shall we take him home? Har-har!"
I enjoyed.


駄目だ。
ナツミちゃんには駄目だ。
「・・中心部はさんざん行ったし、もうええやん。それにな。。。あ、着いた。」
中華料理屋。
「それにな、ここ、ジョニーのお奨めやねん。」
「え?」
「聞いてよ。酷い目に会ってん。あいつ昨日な、、、あ、中で話すよ。さあ入ろう。」

Bad.
It's bad for Natsumi.
"We went to the center so many times. And,,, oh! We arrived."
It's a small Chinese restaurant.
"And, Johnny recommended here."
"Eh?"
"Guess what? I had a bitter experience. Yesterday He,. 0h. I'll tell you about it later. Here we go!"


…3-8 夏の果実 / Summer fruit


「突然背中に銃を突き付けられた。動くな!て。」
「ええーっ!」

"Suddenly someone held a gun to my back. He said. Freeze!"
"Eh!"


店内で、俺は昨夜のとんだ出来事を話し始めた。
本気で焦った。
その後、本気で怒った。
ジョニーだったのだ。

In the restaurant, I started to talk about yesterday's happening.
I was surprised really.
Then I was angry really.
He was Johnny.


背中に突き付けたのは銃ではなく指。
財布ごと持ってけと言う俺に、この町のルール理解できてるね、て。
俺やなくても怒るわな。
バーで一杯おごらせたよ。

The thing on my back was finger instead of gun.
To me saying that I give you all money, he said that I understood this town's rule.
Anyone will get angry at that case.
I made him buy me a whisky.


「で、その時に紹介してくれた店がここやねん。お!うわ、凄い!」
「キャー!凄い!」
登場した料理を見た俺たちは歓声を上げた。

"And, the restaurant he introduced to me at that time is this. Oh! Wow, great!"
"Wow! Great!"
Looking at the food appeared, we shouted for joy.


焼き魚の餡掛け、その餡がただ事やないぞ。
マンゴー、パイナップルなど色とりどりの果物が散りばめられている。
これは、中華と南国の融合だ。

Grilled fish with thick sauce.
The sauce is not ordinary.
Mango, pineapple, etc.,
Colorful fruit is studded in it.
It's a fusion of Chinese and tropical.


「この料理もジョニーのお奨め?」
「いや、魚料理から適当に選んだ。あっ!」
凄いことに気が付いた。

"Is this dish also recommended by Johnny?"
"No, it's my unserious selection from fish cuisine. Ah!"
I found a great thing.


「ナツミちゃん、ナツミを漢字で書くと、夏の果実、の夏実やんね。」
「うん。」
「ここ、おごるよ。夏の果実餡がナツミちゃんにぴったりやし。初デート祝いや!」
「えっ!?」
ナツミちゃんの顔が赤らんだ。

"Natsumi, Chinese character of Natsumi is summer fruit, isn't it?"
"Yes, it is."
"Here's on me because summer fruit sauce is just fit to you.
It's celebration of our first date!"


「かき氷入りのお団子、覚えてる?
ポイントは、きな粉やってん。
あれ作れると思う。
是非食べてほしい。
日本戻っても会おうよ。」

"Do you remember dumpling of shaved ice?
I think I can make it.
The point was soybean flour.
I crave that you eat my handmade dumpling of shaved ice.
Let's meet in Japan."


俺のカンボジア物語りはここまで。
この後どうなったかって?
さあね。
日本で兄弟勢揃いして、誰かが何か物語ると思う。
その時、夏実ちゃんも一緒にいたらいいね。

My Cambodia story is end.
After this?
I don't know.
Later, all my brothers will gather and someone will talk something in Japan.
I wish that Natsumi will be with me at that time.


カンボジア編・完

Cambodia story end


Backward →3-1 ~ 3-3


back to Top

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
太田和廣
年齢:
49
性別:
男性
誕生日:
1967/08/04

バーコード

ブログ内検索

最古記事

P R