忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

3-1 ~ 3-3

3-1 恐怖

3-1 fear


太田5兄弟の3男坊、太田青生(あおい→アオ)だ。
関西の各支部から集まったメンバー5人でカンボジアへ向かってるところだ。
今回のミッションは極々簡単。

I am AOI 00TA (AO), third elder of 00TA 5 brothers.
We're on our way to Cambodia by four members who gathered from each branch of Kansai.
The mission is very easy.


1.提供した井戸の状況確認
2.小学校で乾電池工作教室&遊ぶ
3.古着を村で配る。

1.check status of the well that provided
2.Battery engineering workshops in a elementary school & playing
3.We give away old clothes at a village.


あとは遺跡見学などで、気楽なものだ。
でもなあ。。。
う一ん。。。
資料を読み返してて、途方にくれた。
ポル・ポト派の大虐殺。

In the rest time we enjoy ruins tour etc., so are comfortable.
But…
Oh!No!…
Genocide by Pol Pot Group.


「…教師、技術者、医師、踊り子、坊さん、など文化人を虐殺。
そのうち、頭が良さそうな人、ガイジン、なんかむかつく奴などを片っ端から虐殺。
こんな暗黒政治は4年間続き、人口800万人のカンボジアで150万人とも200万人とも言われる人々が殺された。…」

"…Teachers, engineers, doctors, dancers, monks, etc., at first they slaughtered culture people.
Then, people looks good brain, foreigners, people they hate, etc., they slaughtered all.
This dark political lasted four years, then 150 ~ 200 million people were killed in Cambodia 800 million people.…"


1975~79年のこと。
たった25年前の出来事だ。
この国に笑顔はあるのか?
文化は残っているのか?

It was 1975~79.
It's only 25 years ago.
Does this country have smiles?
Are there culture still left?


3-2 バブル

3-2 Bubble


シェムリアップ州の州都シェムリアッブ。
ここが俺たちの活動場所。
今、バブル真っ只中、とは、ツアーコンダクターの山田氏の弁。

Siem Reap, the State Capital of Siem Reap State.
Here is activity location of us.
Now, here is in the bubble exactly, Mr. Yamada of tour conductor said.


その言葉の通り、町中はバイクタクシーが行きかい、大変な賑わいだ。
彼らは金を持っているわけではない。
多くの観光客が、最低1ドルは払ってくれる。
だから、バカ高い中古ボロバイクを買って、バカ高いガス代を払っても、マシン・トラブルさえ起きなければ相当な儲けになる。
土地を買う金のない庶民たちの、一発逆転、伸るか反るかの大博打なのだ。

As the words, the town has many motorcycle taxis and it's very crowded.
They do not have the money.
Many tourists pay $1 minimum.
So, he pays much for old bike and gasoline but can get much money if machine trouble does not occur.
It's a long shot for the people with no money to buy the land.


「井戸が役に立ってるのを見て、それは素直に嬉しく思うし、アンコールワット見学も、いろいろ勉強になってよかった思うねん。
でもね…」
初日のミッションを終え、カンボジア料理屋にて反省会。
少し酒が入って饒舌になってるのを感じながらも、止まらない。

"I saw the well has been useful and I feel happy honestly.
Angkor Wat tours is good because I learn many things from it.
But…"
Finished the first day mission, we have meeting at the Cambodian restaurant.
I know I talk too much because of liquor, but I can't stop.


「一般組合員へのリターンは?
井戸がカンボジアの人たちの役に立って、俺たちは勉強を積んで。
この活動は世の中の役に立つと思うよ、勉強も含めて。
でも、組合費使ってる訳ですやん。」

"How should we consider a return to general union members?
The well is useful to the people of Cambodia and we learn many things today.
I think this is useful for the world including study.
But, we are using union dues."


「私は気にならへんけどなあ。」
と、ナツミちゃん。
5人中唯一の一般組合員だ。
「うちの支部では詳しく報告してくれるし、興味があれば私みたいに自費で参加すればええやん。」

"I don't care it."
Natsumi said.
She is a general union member only one of 5 members.
"In my branch they make report in detail.
If you want to join, you can join by your own expense like me."


「僕は同じようなこと思ってた。」
と、アキラくん。
「それとね、ボランティアどころか、こっちが勉強になるのに、執行委員だけなんて、もったいない。
一般組合員も参加してもらったらどうやろ。」

"I'm thinking the almost same thing."
Akira said.
"And I think that it's not just volunteer.
We can learn so many things.
We should not monopolize.
How about participation of general union members."


「それ、ステキ!」
と、フユミちゃん。
「ね。カンボジア・ボランティア・ツアーて名前、カンボジア・スタディ・ツアーに変えない?」

"It's, nice!"
Fuyumi said.
"Hey!
Don't change the name Cambodia Volunteer tour to Cambodia Study Tour?"


「いいねえ!」
と、リーダーのハルさん。
「名前、変えよう!
一般組合員の件も、いいねえ!
今年で5年、安全面も問題ないだろう。
費用を全額出すのか、半額出すのか、そういう細かいことはまた検討するとして、とにかく実施しよう!」

"I like it!"
Hal leader said.
"Let's change the name!
It's also good about general union members!
This is 5th year.
Safety will be no problem.
Consideration of all or harf expense support etc. is later.
We will do it anyway!"


よかった。
連中のことが一気に好きになったよ。
「仲間」て感じ。
その時だった。
「お待たせ!スペシャルゲスト連れて来ました!」
と、山田ツアーコンダクター。
一歩遅れて登場した男…

Good.
I fell in love at once the guys.
I think they are "fellow".
At that time, coming Yamada tour conductor.
"Hello!
Here is the was brought special guest!"
The man who appeared late one step ...


ズタズタ・デニムでキメた西洋人。
目付きが半端なく鋭い。
堅気には見えない。
何者?

Westerners in shreds denim.
The sharp without the odd expression of the eyes.
Expression of the eyes are too much sharp.
He doesn't look respectable.
Who?


3-3 ジョニー

3-3 Johnny


ジョニー。35才、独身。
10代から世界を巡り、ここ数年はカンボジアに住んでいる。
ガイドを中心に何でもやる。
今回のは、何だ?
舞妓さんではないし、一応ガイドかな?

Johnny. 35 years old, single.
He has traveled the world since he was teenager, and live in Cambodia in recent years.
He is guide and does anything.
What is this today?
It's not a maiko, so I wonder if once guide?
It's not a maiko, so maybe it's guide, isn't it?


「ジョニー、ひとつ教えてくれ。」
本当は沢山聞きたいけど、酒も入ってるし、英語限界。
「町、危なくない?」
ジョニーの回答は、ユニークでかつ私にはとても役に立つものだった。

"Johnny, tell me one."
Really I want to hear a lot, but lhad iquor, so my English ability is limit.
"Isn't town dangerous?"
His answer was unique and very useful for me.


「町にはルールがある。
それを見つければ大丈夫だ。
例えばこの町には強盗はいても殺人鬼はいない。
いきなり殴りかかる強盗もいない。
ナイフや銃で金を脅し取る。
そしたら素直に渡せばよい。
それがこの町のルールだ。
ルールさえ守ればどの町も安全だ。」

"Every town has rule.
It's all right if you find it.
For example, this town has some robberies, but no killer.
No robbery hits suddenly.
They use a gun or knife and say give me money.
And then if you give them it, There's no problem.
That is the rule of this town.
Every town is safety even if you observe rules."


ホテルへ戻った後、少しだけ冒険。
町までの半分、20分ほど歩いて、ようやく目当ての屋台に到着。
カンボジア名物、「孵化する前の卵」屋台だ。
どの店も地元の人で賑わってた、中でここがNo1の賑わいだった。
出て来た物を見て、直ぐに人気の理由が分かった。
特別だったのだ!

After back to the hotel, I had a little adventure.
I walk half to the town for about 20 minutes, then at last I find the stand.
Cambodia specialty, "eggs before hatching".
Every stand was crowded with locals, but here crowded No1.
I saw the egg and I found Why here is No1.
Because it is special!


普通は、卵の殻の端を少し外した状態で提供される。
参考→写真
この店では、お皿に出して軽く砕いて香草を合わせて提供される。
これは、料理だ。
ブラボー!

They often get out a little end of an egg shell.
Reference→photo
In this stand, he serve it on a plate, break it a little, and add herbs.
It's cooking.
Bravo!


ひとつ、カンボジア文化に触れることが出来たよ。
ジョニーのお陰だ。
今日はこれぐらいにしておこう。
明日はきっと、もっと凄いぞ!

I could tach one of the Cambodian culture.
It is thanks to Johnny.
Today it's enough.
I'm sure tomorrow will be more special!


つづく

To be Continued

Forward →3-4 ~

Backward →1-1~1-4


back to Top




PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
太田和廣
年齢:
49
性別:
男性
誕生日:
1967/08/04

バーコード

ブログ内検索

最古記事

P R