忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

から寿司だから / Because of Karazushi

その町にたどり着いたのは、たまたまだった。
おいしい魚が食べられたら、どこでもよかった。

That I arrived at the town was by accident.
Everywhere was good for me if I could eat delicious fish.


ポンコツだけど、とってもラブリーなぼくの小さな車、フライング・フィッシュ号をぶっ飛ばしてたんだ。
晴れわたる空の下、春のやわやかな風が気持ちいい。

I was driving up my junk but very lovely small car "Flying Fish".
Under sunny sky, spring soft wind is comfortable to me.


青い海が見えた。魚うまいエリアに入ったぞ。
でも、海はにげないよな。とうぶん海がつづくし、もっと走りたい気分だったんだ。

I saw the blue sea. I found I came to the area where fishes are delicious.
But sea does not run away. The sea would last for a while, so I felt that I wanted to drive more.


そこにあらわれたのが、かっこいいお城。
この町に決めた。

An object was showed up. it was the cool castle. I decided in this town.


「いらっしゃい。」
「いらっしゃいませ。」

"Welcome!"
"May I help you?"


気のよさそうなお年より夫婦がむかえてくれた。
うん、ここならおいしい魚がいただけそうだ。

An elderly couple who looks beautiful heart greeted me.
Yes, I feel here I can eat delicious fishes.


「魚の料理、下さい。」
「いろいろありますよ。何にします?」
「人生さいごの魚なんです。
    とびっきりおいしいのを、おねがいします。」

"Fish dish, Please."
"We have many kind. What do you like?"
"It's my last fish in my life.
  Special delicious one, please."


二人の顔色が変わった。
かんちがいされたことに気づいて、ぼくもあわてた。

Their complexion has changed.
I found that they took misunderstand, so I also panicked.


「いえ、人生は終わりません。
    ちょっとした病気で、肉や魚を食べるのをやめることにしたんです。
    魚は大好きなので、つらくて。
    それで、最後にとびきりおいしいものを食べたいんです。」

"No, my life isn't end.
  I have decided that I stop eating meat, fish, etc. because of a little of disease.
  But I love fish, so it's hard.
  That's why, I wanna eat special delicious fish dish as the last one."


二人に笑顔がもどった。

Smile came back to them.


「お客さん、ここは初めて?」
「はい。」
「では、これをどうぞ。」

"Is coming here for the first time?
"Yes."
"Ok, try this"


出て来たものを見て、びっくり。
なんだ、これは?
まるごと魚?

I saw what they gave to me and surprised.
What is this?
Whole fish


「いただいます。」

"Than you."


食べてみると、…おいしい。
酢でしめた魚の中にあるのは…おからだ。
小魚をー匹まるごと使って、おからをつつみこんでいる。

I ate it and feel that It's delicious.
In the fish pickled by vinegar, there is okara(*1).
It uses whole of a small fish and wraps okara.


「何という料理ですか?」
「シバタ名物、から寿司です。」
「おいしいです。ここでよかった。お城にみちびかれて来ました。
    シバタ、て、芝田?柴田?」
「いいえ、新発田よ。お城は新発田城よ。」

"What do you call this?"
"It is Karazushi, a specialty of Shibata."
"It is delicious. I'm lucky to come here. A castle took me here.
  What is Chinese characters of Shiba of Shibata? Turf or Scrub?"
"No, it's New Departure. The castle is Shibata Castle."


その後、病気はすっかりなおった。
肉はぜんぜん食べてない。
魚は月に一度だけ、とびきりおいしいやつをいただいてる。
フライング・フィッシュ号をぶっ飛ばして、新発田でね。

Then, my disease was cured completely.
I don't eat meat at all.
About fish, only once a month, I eat special delicious one.
In Shibata, after driving Flying Fish.


お城を見ながら、おいし~い、から寿司をね。

I eat special delicious Karazushi while looking at the castle.




end


*1 Okara : By-product of tofu production


back to Top











PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
太田和廣
年齢:
50
性別:
男性
誕生日:
1967/08/04

バーコード

ブログ内検索

最古記事

P R