忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

1-13 ~ 16

…1-13 フランクフルト

…1-13 Frankfurt


ここはフランクフルト。
その名物、土曜市!
いい天気で、広くて、賑やかで、歩いてるだけでも気持ちいい。

Here is Frankfurt.
As a specialty, Saturday Market!
In good weather, here is large and bustling, so I feel great just to walk.


ステーキのように見えるけど、安くて旨そう。肉ではないな。何やろ?
聞いてみると、じゃがいもだった。
じゃがいもを練って焼いたものに、アップルソースをかけて頂く。
メチャメチャ美味しい!
ドイツのじゃがいも料理、ホント奥が深い!

This looks like a steak, but It's cheap and looks like delicious. I don't think it's meet. What's it?
When I heard, it was potatoes.
She Kneaded potatoes and baked it and put applesauce, and then I ate it.
It is very, very delicious!
Potato Cuisine of Germany is really profound!


ミッション完了後、ここフランクフルトに移って3日目。
アメリ力が中東で大規模な軍事作戦を行うという情報で、俺の会社含め世界中大騒ぎなのだ。
バイト代でプーケット旅行を予定してたアレックス。
「ツアーが中止になりそうだ!
おのれ!ブッシュめ!」
と叫んでたよ。笑顔でね。

After completing the mission, We moved here Frankfurt third days ago.
All over the world including our company is fuss by information that U.S. will force the big military operations in the Middle East.
Alex who had planned to travel in Phuket by part money shouted,
"Tour is going to be canceled!
His own! Bush!"
with smile.


そうそう、バイト君たちと過ごした最後の2日間、ベラボウに楽しかったよ!

Oh yeah, the last two days that I spent with thought guys were very fun!


その初日。
「チェース!」
バイト上がりのバイト君に、
「チェース!」
と答える。
目が合うと「ビア?」と聞いてくる。
皆聞いてくれる。
いつもは断わる(待ってるわけないと思ってたんだ。)けど、この日は
「後で行くよ。」
と答えた。
そしたら屋上カフェテリア、凄いことになってたわ!

The first day.
"Chase!"
After his work time, a part guy said.
"Chase!"
I answered.
He ask me "Beer?" when our eyes meet, everybody, everyday.
I always refused it (I thought they would not wait.) but this day I replied "I'll come later."
And then I was surprised at the rooftop cafeteria!


音楽ガンガン!
ビール無料、飲み放題!
これはパーティーだ!
飲んで、踊って、話して、笑って!
毎日こんな騒ぎだったらしい。
どこのブースもそうだって。
こんなの当り前だって。
流石はビールの国!

Music pounding!
Free beer, all-you-can-drink!
This is a party!
Drinking, dancing, talking, laughing!
They said they had been such a fuss every day and every booth was same and this is natural.
Truly country of beer!


最終日は、本格的なパーティー!
各企業がそれぞれのブースで趣向を凝らしたパーティー!
うちらは、ショーの間も活躍してたダンサーたちが頑張ったよ!
うちらのが終わってしまった後は、バイト君たちの情報網が大活躍!
関係者以外も入れるパーティーをハシゴ。
ヤッホウ!
楽しかったあ!。
本当に素敵な連中だった。

The last day, the actual party!
Thought party was that each company devoted idea at each booth.
In our booth, dancers who were also active during the show were working hard!
After our booth party ended, guys' were outstanding!
We enjoyed continuously partys that we could enter though not members
Yes!
How fun! .
Really nice guys.


そんな最高な日々に別れを告げ、今、フランクフルトにいる。
ここでも最高な日々に出会うだろうけどね。

I said goodbye to the best days, now in Frankfurt.
Maybe here again I meet the best days.


…1-14 クラシック

…1-14 Classic


日曜日。
無事に帰国許可が出て、ドイツ最後の日だ。

Sunday.
Return allowed out safely, it's the last day of Germany.


キリスト教国ドイツ、ほとんどの店が閉まってて、大通りはひっそりしてるけど、俺の心はウキウキのボッカボカ。
ずっと探し求めていた音楽情報が、普通の新聞にあるのを見付けたのだ!

Most of all shops have closed and the main street is very quiet because Germany is Christian nation.
But my heart is hot and exhilarated.
I found music information that I had searched for a long time on a news paper!


目指すは、クラシック。
ヨーロッパに来て、クラシック聴かない、なして、ないでしょ!

My target is the Classic music.
It don't mean a thing if I listen to Classic here in Europe!


通りは店は閉まってるけど、露店は出てた。
めちゃめちゃ美味しいドイツ名物の白ワイン、たっぷり試飲が出来た上に、ボトル一本300円ぐらいだったので大感激!

Many shops of streets are closed but there are some street stalls.
Noted product of Germany, white whine is very delicious.
I was very delighted that I tried to taste a lot and a bottle is about 300Yen!


昼ごはん、マクドへ。
今日はあまり選択肢がないんだ。
ところが予想よりかなり、つまり日本より美味しくてびっくりした。
パンに焦げ目が入ってる。
アレックスとの会話を思い出す。
「ドイツはパンもチーズもハムも美味しくて駅とかで売ってるサンドイッチ最高なのに、何でマクドがあるの?」
「分からない。僕は行かない。みんなどうかしてるよ。」
いやいや、ドイツのマクドは大したものだ。
世界共通レシピかと思ってたけど、違うのな。

Lunch at McDonald's.
Today, I have choices only a little.
But it's more delicious than what I expected, it means more delicious than Japanease one.
I remember Alex.
"In Germany, bread, ham and cheese are delicious, so sandwiches are very delicious around a station.
Why are there McDonald's?"
"I don't know why. I don't go there. They are crazy."
No, McDonald in Germany is big deal.
I had thought it is universal recipe, but I know it isn't.


新聞広げて夜のクラシック見学決めて、店を出た。
ドイツ最後の夜、極上の夜になりそうだ。

I read the newspaper and decided classic live of the night and then I left the store.
German last night looks to be the best night.


…1-15 午後のクラシック

…1-15 Afternoon Classic


ところが夜を待つまでもなかったよ。
店を出て直ぐに極上のクラシックに出会えたのだ。
場所は、路上。
ヨーロッパって、凄いな。

But I don't need wait for the night.
Soon after going out from the shop, I met a great Classic.
The place is on a street.
Europe is great, isn't it?


ポッチャリ目のチャーミングなお姉さんの、ひとりアカペラ。
とても情感豊かな歌で、素晴らしいショーだった。

Solo a cappella of a little big pretty sister.
They were songs with very rich emotion.
It was a great show.


多い時は20人以上の通行人が立ち止まり拍手喝采!
少ない時は俺ひとりが、やっぱり拍手喝采!

Sometimes passers-by of more than 20 people stop and give many applauses!
Another time I alone give many applauses!


ある時、彼女はイタリア人のリクエストに応えてイタリア・オペラを歌った。
歌と言うより、あれは劇だ。
セリフ回しのような部分も、しんみり歌うところも、ドラマチックに歌い上げるところも、素晴らしい!
ブラボー!て、実際にイタリア人と俺、同時に叫んだよ。

In response to a request of Italian, she sang an Italian opera.
It's a drama rather than a song,
Moieties such as lines, sad song parts, and dramatic parts, all of them are great!
Bravo !
The Italian and I said at the same time actually.


ちなみに俺はクラシックは門外漢だ。
それでも本場の本物はこんなに楽しめる。
ますます夜が楽しみだ。

By the way, I'm a layman of Classic.
But I can enjoy genuine of local so much.
I'm looking forward to this night more and more.


目指すは、テアター(小劇場)。
グループ名は、「フルート・アンリミテッド」。
日本語なら、「フルート無限」。
カッコよすぎる!

My target is the Theater, (small theater).
The group name is "flute Unlimited".
Too cool!


最高の夜になるだろう。

It's going to be the best night.


…1-16 さよならドイツ

…1-16 Good bye Germany


日本へ向かう飛行機の中、メモを見ながら、昨夜の幸せなライブ鑑賞を思い返す。

In the plane on the way to Japan, while looking at the notes, I remember how happy live viewing of last night.


昼のメモ↓
Note of afternoon↓



夜のメモ↓
Note of night↓



地元のご機嫌クラシック・フルート集団「フルート・アンリミテッド」、凄かった!
音と体を波のように順に降ったり、ボディ・パーカッション使ったり。
クラシックって、こんなのあり!?
目から鱗、大興奮!


Good mood local classic flute group "Flute Unlimited", it was amazing!
They shook the body and sound in order like wave, and used body percussion and other many fantastic play.
I thought, "What is classic,? There's this!"
Eye-opening!
It excited me!


公民館のような素朴な建物で、スタッフも気さくで、舞台の雰囲気も手作り感満載で。
でも音楽は最高、ショーとしてのパフォーマンスも最高!
お客さんは若者から老人まで、地元の人間がまんべんなく集まってた。
その中に加わることができて、とっても嬉しかった。

The place is a rustic building like community centers, staff are helpful, and the atmosphere of the stage is in the hand-made feel full.
But their music is perfect, and their performance as show is also perfect,
From young people to old people, local people had gathered all over the audience.
Because I could participate in it, I was very happy.


結局戦争はなかったし、騒ぎのおかげで最高の経験が出来た。
ドイツの各町にあると言われるテアター。
これは、文化だ。
体験できて本当によかった!


There was no war after all.
I was able to get a great experience thanks to the commotion.
"Theater", it is said to be in each town of Germany.
It's a culture.
I'm happy to be able to experienceit!


「ヴィーダーゼーエン。」
さよなら、と呟いて気が付いた。
これって、直訳すれば、「また会おう」だ。
よっしゃ!
また会おう、ドイツ!

"Wiedersehen."
I said good bye and I found this.
It means "See you again." directory.
Yes!
See you again, Germany!


第1部完

1st story end


Backward →1-10~1-12


contents of this novel / この小説の目次


back to Top

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
太田和廣
年齢:
49
性別:
男性
誕生日:
1967/08/04

バーコード

ブログ内検索

最古記事

P R