忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

いのちの田圃

since 2013/1/29 by 地球に夢中研究所

日本最大300人のガン治ったさんを抱える団体、ガンの患者学研究所・いのちの田圃の会。その毎月の会報「いのちの田圃」を紹介します。

【見どころ】
★2013年12月号 156
鎌田副代表の特別コラム<放置療法は放置せよ>も素晴らしい。
でも、ひとつ選ぶなら、川竹代表の<自助療法は世界を変える(下)>だ。
特に、川竹さんの体験談による心の問題解決が、今の俺にジャストヒット。。
行動に繋げたよ。

★2013年11月号 155
鎌田副代表の連載講座<治る姿勢>も素晴らしい。
治ったさん阿部重夫さんの紹介も素晴らしい。
でも、ひとつ選ぶなら、「今月の祝!治ったさん栗本眞紀子さん」だ。
本人による文章が素晴らしい。だから心に染み入る。行動に繋げます。

★2013年10月号 154
「ウェラー・ザン・ウェル患者学入門<治る姿勢>四つのレベルその2<自立>」
「いのちの匠たち・藤本靖さん(疲れない身体、身体のホームポジション)」

★2013年9月号 153
「全国支部だより」。
以前からお世話になってるけど最近行けてない京都支部が「すべてはあなたが治るため」を教材に例会を実施している。
潜在意識テーマに盛り上がった様子。

★2013年8月号 152
「第4回日本ウェラー・ザン・ウェル学会シンボジウム感動企画<治ったさん>劇場 ダイジェスト版」
「ウェラー・ザン・ウェルの芸術家たち」
「新<治ったさん>紹介」

★2013年7月号 151
「第四回『日本ウェラー・ザン・ウェル学会シンポジウム 2013』速報アルバム!!!」。
今の俺があるのは、寺山心一翁 副理事長「高い意識は、治癒の道」のおかげ。
ありがとうございます!

★2013年6月号 150
「ウェラー・ザン・ウェル、二つの宣言」。
TAでお世話になった、鎌田副代表、野茂主席研究員と、川竹代表の座談会。

★2013年5月号 149
いろいろ

★2013年4月号 148
先月号に引き続き、6月の学会シンポジウム紹介記事。今月は、鎌田副代表の「自助退縮論」の紹介。
どうにも堪えきれず、ついに申し込んでしまいました。
ついでに横浜ガイドブックも購入しました。笑

★2013年3月号 147
「ガンの幸福創造論」など、6月の学会シンポジウム紹介記事。治ったさん数十人!行きたい!でも今の体調では難しい!頑張るぞ!
「ウェラー・ザン・ウェル患者学入門第14回<治る姿勢>四つのレベル」も、素晴らしい。あらためて勉強になりました。

★2013年2月号 146
ガン患研の鎌田進副代表と、手当て会の第一人者・大石一朗先生の対談が素晴らしい!鎌田さんは、川竹代表の執筆にも登場しており、会員(ガン患者)の相談に乗っていますが、その受け答え、結末も素晴らしいです。

★2013年1月号 145
登場する治ったさんの数がハンパじゃない!特に、8人によるLong座談会は、圧巻! 末期から治したかたもいるよ!

★2012年12月号 144
自助療法に切り替えてからわずか一年で4センチのガンを自然退縮(消滅)させた、現在、ウェラー・ザン・ウェル患者学主席研究員の野茂明美さん紹介記事が圧巻!

★2012年11月号 143
治ったさん5人による座談会も素晴らしのですが、私が初め直接お話させて頂いた!田頭勝好さんの短い紹介が素晴らしい。半身浴6時間、当日は無理と思ってたけど、今は普通にやってます。

★2012年10月号 142
太陽さん(=スペシャル治ったさん)武田まみ子さんの紹介記事。桂文枝に弟子入り、落語家へ大変身!市内の全ての老人会を巡り、夢は笑せながらガンの治し方を語ること!とてつもないぜ!

★2012年9月号 141
前月巻頭を飾る、川竹代表の「巻頭言」。今月は川竹夫婦のラブラブぶりが描かれてて感じ入ります。こうでなくちゃ治らない。俺たちも目指すぜ!

★2012年8月号 140
何と、私と同じことを考えて、実現した治ったさんがいた! 手当てや玄米菜食の良さを知ってもらうため「素食cafe′sara」を開いた、上川美智子さん、ブラボー!

★2012年7月号 139
ガンの治し方をひもとく2つの講座、川竹代表の「ガン患研の使い方」第1回と鎌田副代表の「ウェラー・ザン・ウェル患者学入門 第13回 生き方を変える その3」が素晴らしい!

★2012年6月号 138
ガンの治し方をひもとく講座、鎌田副代表の「ウェラー・ザン・ウェル患者学入門 第12回 生き方を変える その2」が素晴らしい!特に「引き算健康法」!

★2012年5月号 137
壮絶な悲しみの果てに、ガンを抱え、死を覚悟した安信幹子さん。ガン患研と出会う前に、神様の愛の力で治った!その後の展開も凄い。変身!変身!そして変身!素晴らしいのひとこと。心が全て。勉強になります。

★2012年4月号 136
治ったさん島綾子さんの紹介記事。余命2ヵ月、抗ガン剤副作用に苦しむ中、「すべては、あなたが治るため」配布現場に遭遇、最後の一冊をゲット!凡事徹底スタート!「最後は心です。」という言葉が

★2012年3月号 135
「傷はぜったい消毒するな」著者、「傷の治療センター」センター長の夏井睦先生との対談記事。常識を超えた所に真実はある。細菌学におけるパスツールの亡霊と、ガン患者学におけるウィルヒョウの亡霊、どちらも偉大な科学者の誤りが今日にまで伝搬。勉強になります。

★2012年2月号 134
太陽さん(スーパー治ったさん)池田郁子さんの紹介記事!
もはや死を待つだけ、延命しか出来ない、と言われて途方に暮れたその日に「幸せはガンがくれた」に出会い、即入会!玄米菜食(玄米とキノコと味噌汁だけ!)、半身浴散歩、冷えとりでみごと自然退縮(=完全治癒)!心の問題への取り組みがとても勉強になります。


「店内ご案内」に戻る


(^^)/


PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
太田和廣
年齢:
50
性別:
男性
誕生日:
1967/08/04

バーコード

ブログ内検索

最古記事

P R