忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

神秘! 地球に夢中 / Mysterious! Crazy Love to Earth

神秘! 地球に夢中 / Mysterious! Crazy Love to Earth

Contents

  All except KAZ / JAPAN
  1-1~4
  ↓
  ↓ CANTA / Garmany
  ↓→1-5~91-10~121-13~16 1st story end
  ↓
  ↓ AKA / Africa
  ↓→2-1~
  ↓
  ↓ AO / Cambodia
  ↓→3-1~33-4~8 3rd Story End 12/31
  ↓
  ↓ MIDORI / Brazil
  ↓→4-1~
  ↓
  ↓ KAZ / xxx
  ↓→ 5-1~


back to Top

PR

名探偵ジョニー&リンダ

名探偵ジョニー&リンダ

 長い闘病生活から復帰した夏山和也は、突然畑を始めた。畑と言っても小さい畑だが、体力が戻ってない彼には相当キツかった。それでも彼は畑を続けた。
 ある春らしい暖かな日、夏山は玉葱を収穫していた。そこへ貸農園オーナーの南が来た。
「夏山さん、前に畑半分で十分て言ってたよね。今、半分でもいいから貸して、て言う人が来てるんだけど、話してみる?」
「是非、お願いします。」
 南について事務所へ入ると、待っていたのは若い女性。これは夏山には意外だった。
 この農園で見られる人は、ほとんどが老人か子供連れの40代夫婦で、夏山のように30才なりたての独身男はまずいない。
 ましてや彼女はどう見てもまだ20代後半。しかも夏山好みの美人。キュートなボーイッシュ。
「玉葱の収穫が今日終ります。ちょうど半分が空くので、そこを使って下さい。玉葱、半分差し上げます。」
「うわあ、有り難うございます。私、全くの初心者なんです。よろしくお願いします。」
 突然始めたくなったのかな。俺と似てるなあ。夏山は秋風真夜と名乗る彼女にますます好意を持った。

 2人で楽しく収穫を終えた。玉葱を分け、それぞれの車へ運んでいる時だった。秋風真夜の方を見た夏山は、足が止まり、息を飲んだ。
 突然男が彼女の背後に現れ、何かを当てたのだ。彼女は声も出さず崩れ落ちた。
 コンマ数秒で我に帰った夏山は直感した。
「次は俺が後ろからやられる。」
 後ろも見ずに、いきなり後ろ回しげりを2発連続で放つ。やはりそこにもスタンガンを持った男がいた。
 1発目は手元にヒット。スタンガンが吹き飛んだ。2発目は首元にヒット。男が吹き飛んだ。すぐに秋風のもとへ駆け寄った。男たちは逃げて行った。
「あなた、凄いわね。」
「大丈夫?」
「大丈夫よ。あの技は何?」
「カポエイラ。あいつら何?」
「えっ?あの格闘技みたいな踊り?」
「うん。いや。踊りみたいな格闘技だ。あいつら何?」
「ねえ、あなた今お仕事は?」
「何だよ、こんな時に!あいつら何?あんた何者?」
「そうね。またやつら来るかも。場所を変えましょう。」
 夏山は秋風を抱えて車に乗り込み、畑を離れた。
 
 秋風は車の中でポツポツ語った。彼女は私立探偵だった。
「あいつらは金で雇われた素人よ。油断したわ。まさかこんなに早く気づかれるなんて思わなかった。今はこれ以上話せない。仲間になってよ。そしたら全部話すわ。」
「さっきの格闘はビギナーズ・ラックだよ。カポエイラは病気した時にやめた。あんな動きが出来るなんて自分でも驚いてる。そもそもカポエイラは人に当てない。人を蹴ったのは初めて。でもな、正直言って助かる。病気中に休みを使い果たして退社するはめになって。今はバイトで食いつないでるんだ。」
「ようこそ!」
「でもな、俺、夢があるんだ。仮に探偵になったとして、永遠には続けられない。」
「どんな夢?」
「畑で取れた有機無農薬野菜を使った小料理屋をやるんだ。」
「私、役に立てるかも。マクロビオティックのケーキやクッキーが得意なの。白砂糖を使わない健康志向よ。」

 2人は事務所へ入り、詳細を積めた。早速バイクが貸し出されることになった。
「うちで探偵続ける限り、自分の物のように使っていいわよ。」
 夏山がこの日使ってた車は収穫のために友人から借りたもので、彼には交通手断がなかったのだ。
「ありがとう。スーパーカブか。原付の中では一番走るだろな。でも原付ならベスパがいいなあ。」
「松田優作?バカ高いってば。しかも中古しかないし。」
 続いて、彼女は今回の仕事のあらましを話した。
「今はこれ以上話せない。クライアントもまだ内緒。ごめんね。追々話すわ。」
 それゃそうだろな、と夏山は思った。
 秋風は話題を変えた。

「ところで、この仕事で本名は使わないでね。何がいい?優作かな?」
「いや。コルトレーンがいいな。」
「呼びにくいなあ。テナーサックスのジョン・コルトレーンね。ジョンでどう?」
「まるで犬だ。名探偵秋風、相棒は名犬ジョン、鼻が利くやつ、て感じ。」
「じゃ、ジョニーは?」
「いいね。」
「OK。わたしのも決めて。」
 夏山は少し考えて、「リンダ」を提案した。秋風はそれでいいと言った。彼女はリンダ・ロンシュタットのリンダぐらいに思ったようだが、本当は、カエターノ・ベローゾの名曲「ボセ・エ・リンダ」のリンダ。「君は可愛い」という意味。
 それはまだ今は話せない。内緒。

 日曜の畑はとても賑やか。敵に襲われる心配もない。
「ねえ、種の袋には『すじまき』て書いてるわよ。」
「ばらまきでいいよ。」
「えっ?いいの?」
「その方が間引き菜をたっぷり楽しめるよ。出荷するとか、コストを求めるなら別だけどね。」
「ふーん。私、水汲んでくるね。」
「いや、水は要らない。」
「えっ?」
「まず種をばら蒔いた辺りに土をかけて。」
 2人それぞれスコップで。
「次に、足で踏み固める。」
「えっ?いいの?」
「うん。踏み固められた土が、毛細管現象を起こして、水を吸い上げる。」
 夏山の講釈は続く。自然の力に惚れ込んでいるのだ。
「南さんの農園は土がいい。山に挟まれた川沿いの平地で、元々水も栄養も微生物もたっぷり。その上ずっと有機無農薬だから、とんでもなくいい土になってる。日本一だぜ。」
「ほんとねえ。スコップ一回ミミズ3匹だもの。」

 そこへ南が駆け寄って来た。
「おーい、あったよ。君たちの言う通りだ。一体ここで何が起きてるの?」
「はやっ!踏み終わるまでちょっと待って下さい。」と夏山。
「あれれ。二人で作業してるね。」
「ええ、私、素人なので。」と秋風。
「僕たち、仲間ですから。」と夏山。
 彼らは南の事務室へ移動した。

 秋風は南に概要を説明した。非合法活動を行う組織のメンバー数人が南の農園で畑を借りている。組織の活動なのか個々の趣味なのかは分からない。メンバーと目的を探ってほしい、という依頼を秋風は受けた。
 依頼を受けた日に南に電話して、その日に畑に来たのに、スタンガンで襲われた。予想通り盗聴機も見つかった。組織的活動に違いない。
「あやしい人、思い当りませんか?」
「あいつらかなあ。」
「はやっ!」

 事件はあっさり解決した。南が言ってた怪しい連中とは、まさにスタンガン2人組だった。締め上げたら簡単に白状した。
 畑を楽しんでいたある日、組織から声をかけられ、雇われた。少しずつ畑の土を組織に渡す。替わりに別の土を入れ、有機肥料も入れ、耕して、いい土を作る。誰かに気付かれた時は、スタンガンで襲って脅しをかけて、口止めする。

「サザン!昼ごはん持って来たよ!」
「サンキュー、ジョニー!」
 南の事務所の横に「ジョニーとリンダの玄米菜食カフェ」がオープンした。南は2人からサザンと呼ばれている。
「本日の漬け物は、厚揚げと人参の味噌漬け。自家製味噌が凄いよ!本日のデザートは、カボチャとサツマイモのタルト。リンダのケーキは凄いよ!」
「なあ、ジョニー。」とサザン。
「あいつら、いい奴らだったよな。」
「何で?」とジョニー。
「だって、せっせといい土を作って、行き先は悪い土の畑だよ。いい土が混ざった悪い土は、微生物の働きで全体がいい土に変わる。それならうちの土も本望だ。組織が怖くて逃げたらしいけど、そこまで悪人かなあ。」
「リンダがやられたんだぜ。悪人だ。」
「それはそうだ。でも、自分たちで畑を耕してた。ならば彼らも農民だ。農民に本当の悪人はいない。」

 ランチの時間帯が終わり一息ついた頃、ジョニーはリンダに切り出した。
「あの事件、クライアントは誰だったの?」
「そうね。そろそろ話そうと思ってたの。」とリンダ。
「政府の情報機関よ。日本版CIA、てとこね。縁があって時々依頼が来るの。」
 大体は察しが付いていた。次はジョニーが告白。
「俺も秘密があったんだ。今流れるこの曲は、カエターノ・ベローゾのボセ・エ・リンダ。これはね…」

 その頃、サザンの事務室に、ある女性が現れた。
「あれ?山川さん久しぶり。どうしてるの?畑、かなり荒れてるね。」
「困ったことになってるんです。最近、南さんが探偵の元締めになったと聞きました。助けて下さい。」
 サザンは苦笑した。
「私はただの友達ですよ。」
 その後、にっこり笑って言った。

「探偵は、カフェにいる。」

 2人でカフェへ行くと、扉に「すぐ戻ります」の札。中へ入ると、もぬけの殻。サザンは窓から外を見て、大きな笑顔を浮かべた。畑作業中のジョニーとリンダが、以前にも増して仲睦まじく見えたからだ。

「探偵は、畑にいる。」

第一話 完

back to Top











Great Detectives Johnny & Linda

Great Detectives Johnny & Linda


Kazuya Natsuyama started vegetable garden suddenly after returning from a long illness. It's too small field to call it garden, but it was so hard to him physical strength is not back. Still, he continued the garden.
On a warm spring day, Natsuyama had harvested the onions. The rental plantation owner Minami walked up there and said,
"Mr.Natsuyama, before, you said half field is enough? Now, a woman came and said she wanted field even if it was half size. Do you talk with her?"
"Yes, please."
When Natsuyama entered the office with Minami, There was a young woman. This was surprising for him.
Almost all of people seen in the field here are old people, and 40's couple with children. Maybe there are no 30 years old single man except Natsuyama.
Even more, she looked late 20s or younger than it.
Besides, she was beauty for him.
It means cute and boyish.
"Harvest of onion will end today. Then, just half is free space. Please use there. Half of Onions, I'll give to you."
"Thank you. I'm a complete beginner. Thanks in advance."
I wonder if she wanted to do suddenly. I wish she is like me. Natsuyama had more and more favor to her calling herself Maya Akikaze.

They enjoyed and finished the harvest together. It was time to carry to each car after separating the onions. When Natsuyama saw Maya Akikaze, his foot stopped and caught his breath.
Suddenly a man appeared behind her and hit something to her. She fell down silently .

Natsuyama returned to sanity immediately. And he felt,
"Next, me from behind."
Without looking back, he kicked back with turn continuing 2 times. There was a man with a stun gun as his intuition.
First shot hit his hand. The stun gun Flew away. Second shot hit his neck. The man Flew away. Immediately he came to her. The two men ran away.
"You are great."
"Are you OK?"
"Yes. What is that technique?"
"Capoeira. Who are those guys?"
"Really? dance of martial arts style?"
"Yeah. Oh, No, martial arts of dance style. Who are those guys?"
"What is your job?"
"What do you say at such time? Who are those guys?"
"OK. Let's change the location. They may come again."
Natsuyama brought her into his car and they went away.

Akikaze told silently in the car. She was a private detective.
"Those guys are amateur hired by money. I was off guard. I had never think that they would find my act so quickly. I do not speak any more now. Please join my company. Then I talk all to you."
"That fight was beginner's Luck. I stopped capoeira when I got illness. But, to be honest, your proposal is helpful for me. I used all holidays in illness and I left the company reluctantly. Now I live barely by part-time jobs."
"Welcome!"
"But I have a dream. I can not continue detective forever even if I became it."
"How dream?"
"I will open a cafe and use organic chemical-free vegetables gotten in my field"
"Maybe I can help you. I am good at Macrobiotic cake and Cookies. It's healthy without white sugar."

They entered the office and talked together about details. Immediately he got a motorcycle.
"You can use it forever just during you are here."
"Thank you. Super Cab, maybe it is the best choice in 50cc motorcycle. But I like Vespa."
"Are you Yusaku Matsuda? It's very expensive and there's only used machine."
Next, she talked about abstract of this mission.
"I can't tell you about it anymore now. The client is also secret. Sorry. Soon I will talk."
Natsuyama thought it was correct. She changed the subject.

"By the way, don't use real name in this job. What do you like? How about Yusaku?"
"No. I like Coltrane."
"It's difficult to say. Coltrane is from John Coltrane of tenor saxophonist, isn't it? How about John?"
"It's like dog. It's like … Great detective Akikaze whose buddy is great dog John whose nose is excellent."
"How about Johnny?"
"Yes, I like it."
He can't tell her about it now. It's secret.

Minami's field on Sunday is very lively. There is no worry about being attacked by the enemy.
"Hey, the bag of seed is explaining we should sow on line"
"Spreading-sowing is also ok."
"Eh! Really?"
"That gives you fun of getting many baby leaves. If you want to sell vegetable and see cost, line is better."
"Hmm. I go to take some water."
"No, you don't need it."
"Eh! Really?"
"Put soil on seeds sowed, first."
They did it by each shovel.
"Tread it with your feet, next."
"Eh? Can we tread it?"
"Yes. Trod soil makes capillary action and take water up."
Natsuyama's explanation is continuing. He loves the power of nature.
"Minami's farm has good soil. Originally, the flat along the river near mountains has a lot of water, nutrition, and microbe. In addition, long time organic pesticide-free made excellent better soil. It's the best in Japan."
"I think so too. Because 3 Earthworm per 1 shovel."

At that time, Minami came there.
"Hey! I found it! It's as you said.What is happening here?"
"You're fast! Wait a little until finish of treading." said Natsuyama.
"Yikes. You're working together."
"Yes. Because I know nothing." said Akikaze.
"Because we are partners." said Natsuyama.
They came into Minami's office.

Akikaze explained outline to Minami. Some members of an illegal action group has rented garden in Minami's farm. It's unknown whether individual hobby and group's action. Akikaze got request of survey of members and purpose from client.
On that day she phoned Minami and immediately came to the farm, but she was attacked with a stun gun.
As expected, bugging device was found. It must be organizational activities.
"Do you have any idea about suspicious people?"
"Maybe those guys."
"You're fast!"

The incident was resolved quickly. The suspicious guys Minami had said was the stun gun combi exactly. They confessed frankly after being threatened.
One day enjoying the field, they got talking from the organization, and was hired. They gave soil of their garden to the organization, little by little. On the other hand, they put another soil and organic fertilizer, and plowed to make good soil. When somebody find it, they attacked and threatened him with stun gun to stop his speaking.

"Southern! Today's lunch here!"
"Thank you, Johnny!"
Next to Minami's field, "Brown rice vegetarian Cafe of Johnny and Linda" was opened.
Minami is called "Southern" by them.
"Today's pickles are deep-fried-tofu pickled by Miso. Homemade miso is great! Today's dessert is tart of pumpkin and sweet potato. Linda-made-cake is great!
"Hey, Johnny.", said Southern.
"That guys were good guys, weren't they?"
"Why?", said Johnny.
"They made good soil with utmost effort, and they sent it to bad soil field. A little good soil in mixed soil changes to whole good soil by the action of microorganisms. That means our soil did good job. I hear that they ran away because of fear to the organization, but I don't think they are so bad."
"They attached Linda. They're bad guys."
"That's right. But, they cultivated it by themselves. That's why, They're also farmers. There's no true bad guys in farmers."

When lunch time was over and relax time started, Johnny said to Linda.
"Who was the client of that incident?"
"Yes, I was going to tell you about it soon.",said Linda.
"it's intelligence agencies of government, like CIA of Japanese version. We have some relation and they give me request sometimes."
He had imagined it of the rough. Next, Johnny confessed.
"I also have a secret. The title of this song is Voce e Linda. It means …"

At that time, a woman came to Southern's office.
"0h? Mrs.Yamakawa! Long time no see! How are you doing? Your garden is very mess."
"I have a trouble. I hear you became manager of detectives recently. Please help me!"
"I'm just friend.", said him with bitter smile.
Then he became good smile, and said.

"Detectives are in the cafe."

They came to the cafe and saw a message of "Please wait a little" on the door.
They came in, but nobody was there. Southern saw the field from a window, and became excellent smile. Became Johnny and Linda doing fieldwork looked intimate than before.

"Detectives are in the field."


1st story end


(^^)/


back to Top





から寿司だから / Because of Karazushi

その町にたどり着いたのは、たまたまだった。
おいしい魚が食べられたら、どこでもよかった。

That I arrived at the town was by accident.
Everywhere was good for me if I could eat delicious fish.


ポンコツだけど、とってもラブリーなぼくの小さな車、フライング・フィッシュ号をぶっ飛ばしてたんだ。
晴れわたる空の下、春のやわやかな風が気持ちいい。

I was driving up my junk but very lovely small car "Flying Fish".
Under sunny sky, spring soft wind is comfortable to me.


青い海が見えた。魚うまいエリアに入ったぞ。
でも、海はにげないよな。とうぶん海がつづくし、もっと走りたい気分だったんだ。

I saw the blue sea. I found I came to the area where fishes are delicious.
But sea does not run away. The sea would last for a while, so I felt that I wanted to drive more.


そこにあらわれたのが、かっこいいお城。
この町に決めた。

An object was showed up. it was the cool castle. I decided in this town.


「いらっしゃい。」
「いらっしゃいませ。」

"Welcome!"
"May I help you?"


気のよさそうなお年より夫婦がむかえてくれた。
うん、ここならおいしい魚がいただけそうだ。

An elderly couple who looks beautiful heart greeted me.
Yes, I feel here I can eat delicious fishes.


「魚の料理、下さい。」
「いろいろありますよ。何にします?」
「人生さいごの魚なんです。
    とびっきりおいしいのを、おねがいします。」

"Fish dish, Please."
"We have many kind. What do you like?"
"It's my last fish in my life.
  Special delicious one, please."


二人の顔色が変わった。
かんちがいされたことに気づいて、ぼくもあわてた。

Their complexion has changed.
I found that they took misunderstand, so I also panicked.


「いえ、人生は終わりません。
    ちょっとした病気で、肉や魚を食べるのをやめることにしたんです。
    魚は大好きなので、つらくて。
    それで、最後にとびきりおいしいものを食べたいんです。」

"No, my life isn't end.
  I have decided that I stop eating meat, fish, etc. because of a little of disease.
  But I love fish, so it's hard.
  That's why, I wanna eat special delicious fish dish as the last one."


二人に笑顔がもどった。

Smile came back to them.


「お客さん、ここは初めて?」
「はい。」
「では、これをどうぞ。」

"Is coming here for the first time?
"Yes."
"Ok, try this"


出て来たものを見て、びっくり。
なんだ、これは?
まるごと魚?

I saw what they gave to me and surprised.
What is this?
Whole fish


「いただいます。」

"Than you."


食べてみると、…おいしい。
酢でしめた魚の中にあるのは…おからだ。
小魚をー匹まるごと使って、おからをつつみこんでいる。

I ate it and feel that It's delicious.
In the fish pickled by vinegar, there is okara(*1).
It uses whole of a small fish and wraps okara.


「何という料理ですか?」
「シバタ名物、から寿司です。」
「おいしいです。ここでよかった。お城にみちびかれて来ました。
    シバタ、て、芝田?柴田?」
「いいえ、新発田よ。お城は新発田城よ。」

"What do you call this?"
"It is Karazushi, a specialty of Shibata."
"It is delicious. I'm lucky to come here. A castle took me here.
  What is Chinese characters of Shiba of Shibata? Turf or Scrub?"
"No, it's New Departure. The castle is Shibata Castle."


その後、病気はすっかりなおった。
肉はぜんぜん食べてない。
魚は月に一度だけ、とびきりおいしいやつをいただいてる。
フライング・フィッシュ号をぶっ飛ばして、新発田でね。

Then, my disease was cured completely.
I don't eat meat at all.
About fish, only once a month, I eat special delicious one.
In Shibata, after driving Flying Fish.


お城を見ながら、おいし~い、から寿司をね。

I eat special delicious Karazushi while looking at the castle.




end


*1 Okara : By-product of tofu production


back to Top











フライング・フィッシュ号の冒険

フライング・フィッシュ号の冒険

 2113年、時は大宇宙海賊時代。かく言う俺も宇宙海賊だ。俺はキャプテン・カズ。小さいけどとってもキュートでラブリーな宇宙船、フライング・フィッシュ号の船長だ。
 ん?海賊の船がキュートでラブリーだとへんかね?あんた、最近の海賊事情にうといね。まあ、今に分かるさ。
 ちなみにフライング・フィッシュ号にはレーザー砲もミサイルも魚雷もないよ。ただし、ワープエンジンには金をかけてる。ズン、ズン、ズン、と連続ワープする勇ましい姿は、まさにトビウオ。伝説の海賊オールド・オリャーの秘宝は、俺たちが手に入れてやるさ。

「船長!凄いっち!」
 測定器と直結状態のアンドロイド・ジェニーが叫んだ。
「前方に地球型惑星があるっち!」
「地球型?戦争と公害と異常気象でボロボロ、という意味?」
「違うっち。まるで100年以上前のように綺麗だっち!」
 パイロットのケンタチョフが叫ぶ。
「よっしゃガルル!そっちへ向かうぜガルル!今度こそオールド・オリャーの秘宝は俺たちの物だガルル!」
 彼は下半身が四つ足のケンタウロス星人。
 俺たちの船、「フライング・フィッシュ号」のクルーは俺の外はこの2名だけだ。今どき航行はほぼ自動だし、アンドロイド・ジェニーは不眠不休で検索してくれるからね。

 目の前に現れた、星図にも載ってない、誰にも知られてない惑星。スキャン結果によれば、人類は誕生していない。どんどん近づき、ついには肉眼で見える位置まで接近した。
「海だ!」
 本当に地球と似てる。空気もあり、しかも地球より綺麗。汚す人間がいないからな。海には多様な動植物がいるが、陸上には植物と小動物のみ。地球よりだいぶ若いようだ。
 奇跡の惑星だ。2つの太陽の間を複雑な軌道を描いている。それでいて気候は安定している。
「シミュレーションによると、太陽に近づく時のスピードアップが半端じゃないな。これはまるで・・・」
「ウサギだっち!」
「カエルだぜガルル!」
「・・・トビウオだろ。」
 フライング・フィッシュ(ふりがな:トビウオ)号は、静かに着陸した。

 清々しい春の風。タンポポやコスモスのような可憐な花が咲き誇る。鳥のさえずりが美しい。森を覗けば、リスのような小動物が愛らしい。鳥もリスも食べられそうだ。水が豊富だから、畑を作れば野菜もよく育つだろう。
「ここに決めたよ。君たちはどうする?」
「あたしは船長に着いて行くっち!」
「おいらも気に入ったぜガルル!」
「じゃあ、ここで決まりだな。早速、所有宣言を頼む、ジェニー。」

 大宇宙海賊オールド・オリャーが残したと言われる伝説の秘宝を求め、世は大宇宙海賊時代となった。だが、宇宙は広い。広すぎる。見つかるはずもない。船路へ向かって商船を襲う訳ではないから、他の海賊や宇宙海軍に会うこともないし、武器なんか必要ない。平和で気ままな旅を続けるうちに、海賊たちは、オールド・オリャーの秘宝よりも、それぞれの宝を求めるようになった。
 ある者は、ダイヤモンドの星。ある者は、絶世の美女異星人。
俺の場合は、「自然がいっぱいの美しい星に住むこと」。「オールド・オリャーの秘宝探し」は、まあ、おまじないのようなものだ。見つかっても見つからなくてもどっちでもいい。本当に欲しいのは、「俺の」宝。

 まずはジェニーとケンタチョフと3人で暮らす。生活の目処がたてば、宇宙ツイッターや宇宙ブログ、宇宙フェイスブックで移住希望者を募るつもりだ。ただし、自然派の人だけね。都市化、工業化はごめんだ。

 シュッ!パシッ。
「キャー!やったっち!」
 ジェニーが放った弓矢が鳥に命中。
 ヒュンヒュン!ドカッ。
「よっしゃ!ゲットだガルル!」
 ケンタチョフが投げたブーメランがリスを捕らえた。
「なんでレーザーガン使わないの?」
「気分だっち!」
「気分だガルル!」
 じゃあ俺も。ジャバジャバ。川へ入る。鮎のような魚、発見。銛を構えて、・・・打つ。ザバン!グサッ。
「よし!頂き!」

 宇宙より楽しいぜ。昔は地球もこんなだったんだろな。
「火を炊こう!せっかくだから、ここで食べよう!その後、野菜の種を買いに行こうぜ!フライング・フィッシュ号で!」
「了解ガルル!この星、名前は何にするガルル?」
「ウサギ星がいいっち!」
「カエル星がいいぜガルル!」
「トビウオ星だろ。なあ、トビウオ星にしようぜ。よし!船長命令だ!これ、最後の船長命令な。」




back to Top




カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
太田和廣
年齢:
50
性別:
男性
誕生日:
1967/08/04

バーコード

ブログ内検索

最古記事

P R